預金の種類と通貨の選び方

外貨預金の通貨を選ぶポイントとしては、第一に「通貨の流通量」が重要になります。
通貨の供給量が多い国の通貨は為替相場が比較的安定しています。

世界の通貨流通量を考えると、米国ドルが3~4割、ユーロが2割~3割と言われており経済や金利も比較的安定していることから、この2つの通貨を選択することが無難と言われています。

オーストラリアドルやニュージーランドドルは通貨供給量としてはあまり多くありませんが、資源が豊富で経済も安定し金利も高めなので、運用益を狙うという点では選択肢として考えることもできます。

次に、どの預金を選択するかが重要なポイントとなります。
外貨預金は国内の預金と一緒で、お金の出し入れが自由な普通預金、出し入れに制限はあるが金利が高い定期性預金、毎月一定の金額を定期的に積み立てていく積立型定期預金などがあり、預け入れる期間が長いほど金利も高くなるパターンも国内預金と同じです。

色々な種類がありますが、まとまった資金を運用するには「期間1~3カ月のドルまたはユーロの自動継続定期預金」、将来の蓄えとして一定金額を定期的に貯蓄したいという場合は「ドルかユーロの積立預金」が無難な商品と考えられます。

投資効率の良い外貨投資

FX(外国為替周子金取引)は、外貨預金や外貨MMFに比べると投資リスクが少し大きめですが、資金効率のことに着目した場合は、レバレッジ効果により大変有利になります。
FX初心者であっても、1,000通貨単位から始めれば、それほどリスクも大きくありません。
FXは今後も注目されるリスク分散型投資方法のメインとなるでしょう。

FXは1,000通貨単位から取引可能

マネックスFX
マネックスFX

東証一部上場企業マネックスグループ
1000通貨単位での取引が可能!

FXプライム

信頼度No.1 ジャスダック上場企業
豊富なマーケット情報『選べる外貨』
最低取引単位は1000通貨単位から

資産運用商品 Recommend

ネットバンク金利情報
ネットバンクでショッピング、オークション、公営競技、FX口座へのクイック入金など、上手く使いこなせばとっても便利。定期預金の金利が高いのも魅力なネットバンキング。